生理痛と整体 友輝接骨院

生理痛や生理不順は身体や骨盤の歪みが影響します。ですから整体を受けることによって症状の改善をうながすことが期待出来ます。

ここでは生理痛の臨床例をご紹介します。

生理痛改善の臨床例

26歳パート女性(既婚)の方の症例です。

もっとも辛い症状(主訴):首・肩こり、背中・腰の痛み
その他の症状:だるさ、動悸、冷え性、生理痛、姿勢が悪い

何回かマッサージを受けてたのですが改善せず、当院のHPを見て予約していただきました。

初回検査すると、首が痛くて上を向くことが出来ない状態でした。三か月前にインフルエンザにかかって体調を崩してから、首肩こり・腰背部痛が症状としてあらわれて、さらにはだるさや動悸などの自律神経症状も出現しました。

品出しとレジ打ちの立ち仕事のパートと3歳の娘さんの子育てとの両立、主婦としての家事仕事などで疲労感を強く感じておられる様子でした。

当院では操体法という施術法で身体の歪みとバランスを整えていくのですが、一番辛いと訴えられている首の痛みに対してはすぐにアプローチしていきません。ただシンプルに身体全体のバランスの調和を取り戻す整体をしていきます。

初回の検査では骨盤と股関節の歪み、可動域の左右差がとても大きかったです。
中には重い症状を訴えられているのに、身体を診てみると意外と体の歪みやバランスの崩れがそれほど大きく崩れていない方もおられます。そういった方は身体の構造的な問題ではなく、心理的なものや食生活など日常生活習慣に大きな原因があったりする場合もあります。

彼女の場合はバランスの崩れが大きくあったので、歪みを整えることで主訴の首肩こり、腰背部の痛みだけでなくその他の症状も改善していく余地が大きいと感じました。

生理痛と骨盤矯正

世間一般では「骨盤矯正」という呼び方が広まっています。
生理痛や生理不順なども骨盤の歪みが大きく影響します。ですが骨盤矯正だけをすればそれで改善するかと言われたら実はそれでは不十分なのです。

仙腸関節といわれる骨盤の関節だけ整えてもダメですし、骨盤周辺の筋肉をほぐして柔らかくしてもあまり効果は望めません。
骨盤に付着する多くの筋肉のバランスの調和を取り戻す必要がありますし、「なぜ骨盤に歪みが出たのか?」の原因に対してのアプローチが重要になってきます。

例えば幼いころに足首を捻挫して、その時に発生した足関節(そくかんせつ)の歪みが原因となり骨盤、さらには背骨や首のバランスを崩して様々な体の症状として現れたという場合が多くみられます。
その様な方たちに対して骨盤矯正だけおこなっていても、またすぐ骨盤のバランスは崩れてしまうので症状はすぐぶりかえし根本的な解決にはいたりません。

人の身体は全体のバランスで成り立っています。足指、足首に始まり身体全体のバランスの調和を取り戻すことが大切です。

事実この女性患者さんも、整体(操体)4回目には一番つらかった首の可動域制限がほぼなくなり、生理痛がひどく生理1日目、2日目、3日目と痛み止めのお薬がなければガマンできなかったのが、来院6回目には生理初日にお薬を服用する位で生理痛が改善してきたことをご報告いただき、ご本人はもちろん旦那さまが、奥様の体質改善の大きな変化にとても驚いていたそうです(^^)

人の身体にはとても素晴らしい治癒力が備わっています。
もちろん整体だけのアプローチだけでなく、食事や運動、ストレスへの対処など日常生活習慣の見直しも必要になってくる場合があります。
ですが身体への適切なアプローチと、生活習慣の見直しで体質は改善していきます。

慢性症状がある状態が当たり前だとは思わないでください。長年苦しんだ症状だから治らないとあきらめる前にお気軽に当院にご相談くださいね。



ご質問等がございましたら 無料メール相談 にてご質問を受け付けいたしておりますので、どうぞお気軽にご相談下さい。

↑ページのトップへ

友輝接骨院は、腰痛・肩こり・頭痛・股関節痛・膝痛・しびれ・神経痛・めまい・自律神経失調症・疲れやすさ・ホルモンバランスの崩れ・骨盤矯正慢性症状専門の整体院です。

お気軽にお電話ください。