肩こりについて 友輝接骨院

肩こり・首こりは友輝接骨院におまかせください!

日本で「肩こり」といえば、大人の約8割以上の人が経験している身近な症状なので、もう国民病と言ってもいい位です。
厚生労働省による国民生活基礎調査によると、女性が感じる自覚症状の第1位は肩こりで、男性は第2位が肩こりとなっています。

ギューっと締めつけるような痛みの頭痛をともなったり、めまいや自律神経症状が出てきたり、肩こりが続いて慢性化すると日常生活がとてもつらいですよね。

ここではそんな肩こりについて説明します。


肩こりの症状 友輝接骨院

症状

肩こりイメージ

長時間のデスクワークや姿勢の悪さなどにより首から肩、背中にかけて筋肉が硬くなり、重だるさや張り感、痛みを感じます。ようは「コリ感」ですね。

コリ感とともに頭を締め付けるような頭痛をともなう人も多いです。中には筋肉がガチガチに硬くなっててもコリを感じない人もいます。

さらにひどくなるとコリの症状だけでなく、めまい・腕から指先にかけてのしびれ・首が痛くてうまくまわせない・肩が痛くて挙がらないなどの五十肩を発症させることもあります。

肩こりが慢性化すると、首・肩・背中のコリといった症状だけではなく、呼吸器系・循環器系・消化器系などにも悪い影響を与えます。
自律神経系にも悪影響を与えるので自律神経失調症を引き起こすこともあります。最近では若い女性に多い「頚筋性(けいきんせい)うつ」という首こりや肩こりから発症する「新型うつ」が増えています。

ですからたかが「肩こり」だと軽く見ないで、マッサージしてもコリがすぐにぶり返す人や、朝起きた時から首の痛みや肩こりに悩まされているような人は「体」の問題と「生活習慣」における問題を見直すことが大切になってきます。


肩こりの原因 友輝接骨院

同じ姿勢を長時間続ける

一番の原因は長時間同じ姿勢をとり続けることです。
パソコンなどの長時間のデスクワークや読書、長距離の車の運転などです。なぜ同じ姿勢を続けると肩こりになるのでしょうか?

それは基本的に人間は活動するように、体を動かすように出来ているからです。
人の体は同じ姿勢を長時間続けられるように出来ていません。筋肉は動くことが得意です。「動きがなく力が入りっぱなし(等尺性収縮)」なのが一番苦手です。パソコンなどのデスクワークを続けた場合、首や肩の筋肉ではどんなことが起きているのでしょうか?

頭を下げてモニターを見ているので、首肩の筋肉は一生懸命頭を支えています。この状態がまさしく筋肉が「動きがなく力が入りっぱなしの状態」です。
力が入っているので筋肉は硬くなっています。硬い筋肉は筋肉内を走行する血管を押しつぶします。

すると血液の流れが悪くなり筋肉に酸素や栄養が届かなくなります。筋肉は乳酸などの疲労物質を出しますがその疲労物質も血流が悪く運ばれないので、どんどん筋肉内に貯まっていきます。
その結果痛みを引き起こす物質(ブラジキニンやヒスタミン)が作られ、コリなどの不快な症状が出てくるのです。

悪い姿勢・不良姿勢

肩こりイラスト

悪い姿勢も肩こりを引き起こす大きな原因となります。

最近はパソコンもデスクトップ型よりノートパソコンが主流になってきました。モニターとキーボードが一緒になったノートパソコンは、どうしても頭を下げてモニターを見下ろす姿勢になります。

この姿勢が首肩背中の筋肉への負担を高めます。スマホなども同じように見下ろす状態になるので、首の骨がまっすぐになるストレートネック化し、首や肩に強い負担がかかってしまいます。最近はスマホのやり過ぎが原因の肩こり患者さんが増えています。

ストレートネック

デスクワークやスマホを続けると頭を下げる姿勢を長時間とらなければなりません。すると「ストレートネック」と言われる首の骨がまっすぐな状態になってしまいます。

ストレートネックになると頭の重みは前に移動するので、体の重心を後ろに持ってきてバランスをとらないと苦しくなります。すると無意識にお尻を座面の前方に移動させ、骨盤を後ろに倒して腰を丸め(骨盤の後傾)バランスをとるようになります。

この姿勢がクセになると筋肉や靭帯への負担は一気に増大し、慢性的な肩こり状態へと移行して頭痛や腕や手指のしびれの症状も出やすくなります。そして骨盤の後傾姿勢は腰への負担も大きくなるので腰痛も発症しやすくなります。

精神的ストレス

肩こりは精神的なストレスの影響を強く受けます。

心配事や悩み事、怒りや不満などのネガティブな感情。どんな些細なことでも人の体は精神的な影響を受けます。私たちが思うよりとても体はデリケートです。
ネガティブな感情を抱いたり精神的ストレスを受けると、人の体はどんなことが起こるのでしょうか?

ストレスによりストレスホルモン(コルチゾール・アドレナリン・ノルアドレナリン)と言われる物質が分泌されます。このホルモンは、血管を細くしたり、血圧を上げたり、心拍数を増やしたり、交感神経と呼ばれる人が活動するための状態を作る神経の働きを高めます。交感神経が活発になると血管が細くなり筋肉への血流が悪くなります。

そして腹式呼吸のようなゆったりと深い呼吸が出来なくなり、肩首の筋肉を多く使う胸式呼吸となります。浅い呼吸は背中を丸め肩甲骨を外にひらいた(肩甲骨の外転)不良姿勢をとるようになり、肩首の筋肉への負担が増して肩こりをおこしやすくなります。

さらには不安や悩みなどの精神的なストレスは、痛みを感じる神経を感じやすくしてしまいます。
逆に言えば、人は希望を抱いたり楽しいことをしているときは痛みを感じにくくなります。あなたも好きなことを夢中でやっている時には肩こりを感じなかったりしませんか?
精神的な状態で人は痛みを強く感じたり、弱く感じたりととても敏感に左右されます。

運動不足

運動不足も肩こりの原因となります。

頭は4~6キロほどの重さがあります。結構重たいです。ですから頭を支える筋肉が強い人の方が肩こりは起きにくいです。
女性の方が男性より肩こりに悩んでいる人が多いのは、筋肉量が少ないのも大きな原因の一つです。

人の体は運動をしないと筋肉は衰えていきます。筋肉量が減ると当然頭を支えることが大変になってくるので肩こりになりやすくなります。
さらに筋肉は「熱産生」の働きもあるので、筋肉量が減ると体温も下がり筋肉は硬くなります。

その他運動は血液やリンパ液などの体液循環をよくします。
逆に運動不足の人は体液循環が悪くなり、血行不良で肩こりになりやすくなります。エコノミー症候群など同じ姿勢を取り続けて体を動かさないと、血液循環が悪くなり血栓が(血液が固まる)出来やすくなります。長期間寝たきりの方は足に体液が貯留するので足がパンパンにむくみます。

体を動かすことは動物である私たち人間にとってはとても大切なことなんです。

その他の肩こりの原因

  • 自律神経失調症によるもの
  • 眼精疲労
  • 睡眠不足
  • 重い服や、締め付ける服の着用
  • 歯の噛み合わせが悪い
  • 冷え症
  • 血圧が高すぎる・血圧が低すぎる
  • タバコ

肩こりの原因は、ほとんどが「日常生活習慣」に起因します。
ですから、健全な呼吸が出来ているか・食事内容・姿勢や運動習慣・悩みなどの心理的負担やストレスなど、様々な日常生活習慣が原因となります。

なので友輝接骨院では、体のバランスを取り戻すこと以外にも、日常生活習慣の見直しや、セルフメンテナンス方法もお伝えして、根本的なレベルからの肩こり改善に取り組んでいます。

友輝接骨院は、腰痛・肩こり・頭痛・股関節痛・膝痛・しびれ・神経痛・めまい・自律神経失調症・疲れやすさ・骨盤矯正慢性症状専門の整体院です。ぜひお気軽にご相談下さいね。

お気軽にお電話ください。