肩こりの対処法  友輝接骨院

頭の位置を意識する

肩こりに悩む人がまず簡単に出来ることは、頭の位置を意識することです。

頭を背骨の真上に乗せるよう意識して下さい。肩こりに悩んでいる人は、ほとんどの方が頭の位置が背骨よりも前にあります。今はスマホを長時間使うことにより、頭の位置が前方へ移動しやすいです。

首や肩の筋肉が慢性的に硬くなってしまっている人は、背骨の上に頭の位置を戻そうとすると苦しい人もいるかと思います。長年そのような姿勢で過ごされてきたので、筋肉や筋膜が短縮固定・伸長固定してしまっているので頭の位置を後ろにさげるのが苦しくなります。

そんな人はあごを少し上げるといいです。一番簡単に頭の重心を後ろにさげることが出来ます。ただし理想は、整体などで筋肉・筋膜のバランスを整えて調和を取り戻すことがより根本改善につながります。
姿勢の改善には、いかに「意識」するかが大切になってきます。マメに意識するからその姿勢が身体になじんできます。

パソコンなどのデスクワークの方でしたら、モニターを見下ろす位置からモニターが目線と同じ高さになるようモニターの高さを調節します。するとあごが上がるぶん頭の位置が背骨に乗りやすくなります。ノートパソコンのようにモニターの高さを調節出来ないのならイスの高さを少し下げてください。



【参考図書】

からだのメソッド―立居振舞いの技術

矢田部 英正 (著)


背すじは伸ばすな! 姿勢・健康・美容の常識を覆す

山下 久明 (著)



背筋を伸ばさない、胸は張らない

肩こり改善や姿勢改善で気を付けないといけないのは、胸を張ろうとしたり背筋を伸ばそうとしないことです。

胸を張るということは肩を後ろに引くことになるので、左右の肩甲骨を真ん中に寄せなければなりません。左右の肩甲骨を真ん中に寄せるということは、寄せるための筋肉をずっと働かせなければなりません。肩甲骨を寄せて胸を張った姿勢は、大胸筋など胸の筋肉が引き伸ばされた状態になるのでその筋肉は元に戻ろうとします。
せっかく両肩を後ろに引いているのに、胸の筋肉がそれを邪魔するのです。

疲労が少ない姿勢というのは力みの少ない自然体の姿勢です。背筋を伸ばそうとすることも背中や腰の起立筋が過度に緊張するのでどう考えても筋疲労を起こしやすい効率の悪い姿勢なんです。もちろん肩こり腰痛にもなりやすいです。

筋肉の負担というのは「意識」することでガラリと変わります。例えば「腕はぶら下げるもの」という意識でダラリと力を抜くだけで僧帽筋などの肩こりになりやすい筋肉の筋活動量は減少します。これを「胸を張る意識」を持ってやろうとしてもなかなかうまく出来ないことが試しにやってみるとわかるかと思います。

ですから背筋を伸ばそうとしたり胸を張ろうとしないで、背骨の上に頭をのせる意識で頭の位置を気にした方が、負担の少ない重力と調和した姿勢になりやすいです。

↓胸を張らない自然な姿勢のハリウッドスターたち。
ロナウド ペネロペ 02
03 04 ジェイソン


長時間同じ姿勢を続けない

長時間同じ姿勢をとり続けないことが大切です。

人は動くよう活動するように出来ています。筋肉は伸び縮みするのが得意です。自然法則から見れば私たち人間が同じ姿勢をとり続けることは不自然なおこないなんです。
パソコンやデスクワークに読書。パッチワークやお裁縫などのように、長時間同じ姿勢を続けなければいけない場合にはこまめに休憩をして体を動かしましょう。

首や腕を気持ちよく回すのもいいですし、ストレッチなどで縮んだ筋肉を伸ばしてあげることも有効です。時間がなければ手足を心地よくぎゅ~っと伸ばすだけでもいいです。
座った状態を続けた場合は、下半身の血液やリンパ液も心臓に戻りにくいのでふくらはぎなどがむくみます。両膝に手をついて、立ったりしゃがんだりの屈伸運動をすることも血液循環がよくなりおすすめです。

仕事中はなかなか自由な行動はとれないかも知れません、しかし出来れば一時間に一回位は休憩をとって伸びをしたり、トイレに行ってひと息ついたりと自分の心と体をいたわってあげてくださいね。

コリを温める

【おすすめ図書】

「体を温める」とすべての痛みが消える

坂井 学 (著)



肩こりを緩和するために「シップ」を利用されている方も多いかと思います。確かに痛み止めの成分や消炎剤が皮膚から浸透していくので一時的には楽になるのですが、実際は血管を収縮させる働きがあるし、どんなお薬であってもシップのような皮膚に貼るタイプのものであっても肝臓や腎臓には負担をかけます。

特に皮膚に貼るタイプのシップはあまり身体に負担がかからないと思われている方も多いかと思いますが、口から服用する薬と違って一緒に胃を保護する薬を出されることがないのでかえって胃などに負担をかけてしまいます。

ですからぜひおこなって欲しいことは、使い捨てカイロなどを利用して肩や首を温めることです。
温めることにより、血管は広がり血流が良くなります。結果コリや痛みなどの不快感は緩和します。この温めるということは、肩こりや腰痛だけでなく膝や肩などの関節の痛み、腱鞘炎やしびれなどにも有効です。
温めることにより血流が良くなり細胞も活性化し、修復能が上がり回復が早くなります。最近では炎症期などのケガをしてすぐの場合においても、冷やすよりも温める方が回復が早くなることがわかっています。

ちなみに病院で処方されたり薬局で販売されている、ロキソニンやボルタレン、バファリンやイブ、ナロンエースなどの「NSAIDs」(エヌセイズ)と呼ばれる系統の薬は、急性期の炎症を起こしているぎっくり腰や捻挫などには痛みを和らげる効果を発揮しますが、神経痛や慢性痛にはエヌセイズはあまり効果はありません。
効果がないばかりか長期服用によって胃腸障害、腎障害などの危険性があるので注意が必要です。

体に優しくて負担をかけずに慢性痛やコリを楽にしたり回復を早めるには、温めることが一番安全でおすすめです。


【参考図書】

気力をうばう「体の痛み」がスーッと消える本

富永 喜代 (著)



ストレスをうまく発散する

緊張したりストレスを長く感じると、交感神経が興奮して呼吸が浅くなったり、寝不足になったり、食欲が落ちたりと様々な不調が出てきます。人間は適度な精神的ストレスであれば免疫力が増したりとよい効果をもたらすのですが、過度なストレス、長期間感じ続けるストレスは健康を害します。
現代社会においては、精神的ストレスを受けないような状態をつくることは出来ないと思います。そうなると気分転換を上手にしてストレスをうまく発散することが大切になってきます。

特に肩こりはストレスと直結しています。ですから肉体面だけでなく、精神面、ストレスの面からも上手く対処する必要があります。

ストレスや感情的な面で心身の不調を訴えている方に対しては、当院ではEFTというエネルギー療法をおこなっております。1回以上当院で整体を受けた方のみおこなわせていただいています。
もしご興味がありましたらいつでも遠慮なくご相談くださいね。

詳しくはこちらをご覧ください⇒EFT個人セッション


友輝接骨院は、腰痛・肩こり・頭痛・股関節痛・膝痛・しびれ・神経痛・めまい・自律神経失調症・疲れやすさ・骨盤矯正慢性症状専門の整体院です。ぜひお気軽にご相談下さいね。

お気軽にお電話ください。