自律神経失調症の症状 友輝接骨院

全身に現れる症状

疲労感 倦怠感

自律神経失調症の中でもとても多くの人が訴える症状です。
普通疲れは休息によって回復します。
しかし自律神経失調症からくる疲れは、なかなか休んでも楽になりません。

体力を消耗することをしていないのに、いつも全身がだるい、疲労感が長く続く、全身に力が入らないなどの不調がみられます。
日常生活の何をやるのも億劫になり、ひどい場合は起き上がるのもつらいほどの強い疲労感に襲われます。

めまい 立ちくらみ

めまいには、
①周囲がグルグル回るように感じておこるめまいと(回転性めまい:メニエールや良性発作性頭部めまいなど)、
②自分自身がクラクラするように感じておこるめまい(動揺性めまい・浮動性めまい)の2種類があります。

自律神経失調症に多いめまいのタイプは、後者②の自分自身がクラクラするめまいのタイプが多いです。
急に起き上がったり、立ち上がるときに起こる立ちくらみも起こりやすいです。

微熱

女性の場合は普通のこととして、妊娠中や、排卵日から月経までの約2週間は基礎体温が普段より少し高くなります。
しかしそうした期間に関係なく、またとくに体の異常をともなわないのに37℃くらいの微熱が毎日続きます。

冷え ほてり

上記微熱と同じように体温調節機能や血管の太さ調節が不安定なため、全身にほてりを感じて汗を大量にかいたり、たいして部屋は寒くないのに冷えを感じたりします。

食欲不振

お腹が空いているのに食欲がわかない。
食べ物を見ても吐き気がして食べる気が起こらない。
食べても胃がムカムカしたりなどの症状が出ます。

睡眠障害

ベットに横になってもなかなか寝付けなかったり、眠っても眠りが浅くすぐ目覚めてしまったりします。
逆に四六時中だるくて眠いという症状が出る人もいます。

筋肉痛

運動など激しいことをしていないのに筋肉痛のような痛みが出たり、筋肉が重く感じたりする。
また、筋肉や関節が歩けなくなるほど痛むこともあります。

器官や各部位に現れる症状

頭痛

頭重感や、頭がズキズキと痛む片頭痛が現れる人もいます。
また、肩こりや首こりからくる緊張型頭痛もみられます。

肩こり 首こり

血管を拡張させたり収縮させたりする自律神経の乱れにより、血液循環がわるくなると、肩こり、首こりが起こり背中までこる場合もあります。
また、肩こり首こりはストレスの影響を強く受けます。

手足の冷え のぼせ

手や足の先が氷のように冷たくなることがあります。
また、足や下半身は冷えているのに、顔や頭にのぼせを感じる「冷えのぼせ」の症状が出る人もいます。

動悸 胸の圧迫感

交感神経の興奮が強くなり脈拍が速くなると、激しい運動をしていないのに心臓がバクバクしたり、胸に圧迫感を感じたりします。

耳鳴り

実際には音がしていないのに音が聞こえるように感じたり、音が聞こえにくいなどの症状が現れたりする。

胃腸の不調 便秘・下痢

悪いものを食べていないのに吐き気がしたり、食後に胃がムカムカしたりする。
また、自律神経の乱れにより便秘や下痢が続いたり、便秘や下痢を繰り返すこともあります。

手足のしびれ

血行不良により、手や足にしびれが出る場合もあります。

※他にも息苦しさやのどの詰まり感、皮膚のかゆみ、頻尿や残尿感、円形脱毛症などの脱毛。人間の体はほとんどのところで自律神経の影響を受けるので症状は多彩です。

精神症状

集中力・記憶力の低下

ものごとに集中出来ない、少し前に聞いたことを思い出せないなどの症状があり、仕事や日常生活に支障が出ることもあります。

不安感 憂うつ感

強い不安感を感じたり、気分の切り替えがうまくいかなくて落ち込んだり、憂うつな気分が長く続いたりします。

無気力感・意欲の低下

何もやる気が起きず意欲がわかない。仕事や家事、外出するのも嫌になる。
ひどくなると、洗顔、入浴など普通の日常的な行動までおっくうになることもあります。

情緒不安定

家族や友人にあたるなど、ちょっとしたことでイライラしたり怒りっぽくなったりします。
また感情が不安定になり、急に孤独を感じて泣き出したりする人もいます。


症状を色々並べましたが、ここに挙げた以外の症状も現れる可能性があります。
そしてほとんどの人が一つの症状だけではなく、いくつかの症状をあわせ持っています。
また症状も、他の症状へと移り変わっていくこともあります。


⇒自律神経失調症と整体

友輝接骨院は、腰痛・肩こり・頭痛・股関節痛・膝痛・しびれ・神経痛・めまい・自律神経失調症・疲れやすさ・ホルモンバランスの崩れ・骨盤矯正等慢性症状専門の整体院です。

お気軽にお電話ください。