考えると治りにくくなる

あなたはもっと楽に、健康で、心地よく生きていいんです。

考えると治りにくくなる

考える人

こんにちは、友輝接骨院院長の伏見です。


あなたは慢性の肩こりや腰痛に悩まされていますか?

「どうしたら改善するのかな?」と頭で考えてばかりいませんか?


自身の生活習慣を省みて、「どこを改善させたら快適な身体を取り戻すことが出来るのかな?」
という建設的な思考はとても大切だと思うのですが、

「なぜ治らないの?」「どうして治らないの?」

というような堂々巡りの「思考のループ」にハマってしまったら、「思考」はストップさせてそれ以上考えない方が賢明です。


そんな頭で考える「思考」よりも、日ごろから身体の「感覚」に意識を向けてもらった方が体調は良くなります。

コリや痛みの症状に悩まされる時間も短くなってきます。


仕事中や家事をしていても、身体の「感覚」に意識を向けることで、

「あ、肩に張りを感じるからちょっと休憩しよう」
「首にちょっとした重だるさを感じるから首や腕を気持ちよく回そう」
「今日は身体が重く感じるから少し早めに休もうかな」

と、体の声に気づき自分を大切にする行動が無意識にとれるようになってきます。


あわただしい日常を送っておられる人ほど自身の身体の声に耳を傾けてあげてください。
そして心地良いと感じるような伸びや動きを色々と試して味わってみてください。


人は心地よさを味うことによって身体のバランスがとれてきます。


もし辛い慢性症状を根本から改善したいのならうちにお気軽にご相談くださいね。

心地よさを味わうことで身体のバランスがとれてくる。
そしてその身体の変化を実際に「体感」していただきます。

「たったこれだけでこんなに身体が変化するの?」と不思議な施術にとても驚かれるとおもいますよ(^^)


シップを貼ったりマッサージでその場しのぎ的な方法をいつまでも選ぶのではなく、

「肩こりになりにくい身体」
「腰痛になりにくい身体」

を取り戻しませんか?


あなたはもっと、楽に、健康で、心地よく生きていいんです。



ご質問等がございましたら 無料メール相談 にてご質問を受け付けいたしておりますので、どうぞお気軽にご相談下さい。

↑ページのトップへ

友輝接骨院は、腰痛・肩こり・頭痛・股関節痛・膝痛・しびれ・神経痛・めまい・自律神経失調症・疲れやすさ・ホルモンバランスの崩れ・骨盤矯正慢性症状専門の整体院です。

お気軽にお電話ください。

コメント

  • 歳のせいばかりではない?

    1年半になるでしょうか…
    始めは、ぎっくり腰の様な 急激な痛みでした。やっとの思いで接骨院に行くと「椎間板ヘルニア」と「脊柱菅狭窄症」もちろんMRIもレントゲンも撮り、長い目で治療…対処療法のみ
    ありがたい?整体院にも半年以上通院したが、改善は?…
    ついに「歳のせいと、貧乏」に負けて、諦めて「この痛みと生涯付き合う」覚悟しました。
    今朝、折り込み広告をみて~もう一度チャレンジした方が良いかな?と、思った次第です。


  • Re: 歳のせいばかりではない?

    >>1
    大森さま コメントありがとうございます。

    友輝接骨院院長の伏見と申します。

    接骨院ではMRIやレントゲンは撮れないので、きっと整形外科さんで検査されたのでしょうね?

    「椎間板ヘルニア」と「脊柱管狭窄症」と診断されたそうですが、例えば現在は、椎間板ヘルニアの90%はほっておいても自然治癒していくとすでにわかっていますし、健康な成人を集めてMRI撮影すると、65%ほどの人に椎間板の変性が見つかるそうです。

    ですから腰痛の「原因」が椎間板ヘルニアのせいであるとは考えなくてもよろしいかと思います。

    そして脊柱管狭窄症についてもですが、脊柱管の狭さと症状の程度との間には相関性がありません。
    ですからこちらも画像検査の結果と症状はあまり関係がないと考えてよろしいかと思います。

    事実画像検査の技術が向上したからといって、腰痛治療の成績が「向上」したという証拠はありません。
    なのでアメリカでは「腰痛患者の画像検査はやめるべき(お金のムダで治療成績に影響しないので)」だと勧告されています。
    (ガンの骨への転移や圧迫骨折、脊椎感染症などの重篤な疾病の可能性がある患者さまの場合は別です)

    簡単に申し上げますと、「画像検査の結果をいつまでも気になさらないで下さい」ということです。


    当院では腰痛の原因は、骨などの硬い組織によるものではなく、筋肉・筋膜などの軟部組織や、それにともなう血流不良の影響だと考えております。

    他院で行われている治療の多くは、例えば「腰」が痛ければ「腰」に電気を当てたりマッサージをする。「首」が痛ければ「首」をけん引したりストレッチをする。といった「症状・結果」に対するアプローチがほとんどです。

    ところが、「症状・結果」に対するアプローチの場合は効果が浅いレベルにしか及ばないために一時的な慰安(気持ち良さ)で終わることがほとんどです。

    当院では、結果である症状や患部に対しては施術を行ないません。
    症状の元となるより深い原因に対して施術を行なっております。

    腰痛の症状が骨盤や足首の歪みに起因しているケースも多いですから、全身のバランスが調和するように整えることにより、生理作用が正常化し自然な治癒を促進するお手伝いをしております。

    一般的な治療院とは痛みや症状に対する考え方もアプローチの方法もまったく異なります。


    当院におみえになられる患者さまの改善具合を見てきて感じる私個人の考えでは、症状改善と年齢はあまり関係ありません。(時代背景の影響により、ご高齢の方たちはお薬やお医者様を盲目的に過信される人たちが多いので、そのことが治りを妨げていると感じることもありますが・・)

    「この痛みと生涯付き合う」と決意したならそのような現実をこれからも引き寄せます。
    ですから、当院で施術を受けるにしろ受けないにしろ「自身の身体の健康は自身でコントロール出来る」といったお気持ちで過ごされて欲しいと思います。

    私たちの身体は、「治そう」としなくても調和を取り戻すことで「自然と治る」ように出来ています。
    また何かありましたらお気軽にお問い合わせにご質問くださいね。



認証コード5688

コメントは管理者の承認後に表示されます。