整体臨床例-腰痛(岐阜市 友輝接骨院)

あなたはもっと楽に、健康で、心地よく生きていいんです。

整体臨床例-腰痛(岐阜市 友輝接骨院)
腰痛
岐阜市友輝接骨院の伏見です。

46歳の女性患者さん。

とても身体の感覚(原始感覚)の鋭い方で、2年前から当院のメンテナンス会員にご入会されて月に1回のペースで通われています。

ご自身でも操体(当院の整体法です)をやられているので、月に1回おみえになられますが一つの手技(操法)のみでスムーズにバランスが回復されます。
ですから毎回身体の「歪みを整える」というよりは、「心地よさを味わう」ことが主になっています。

人は心地よさを味わうことで身体を整えようとしなくても、自然とバランスがとれて身体が調和していきます。

ただし心地よさを感じる「原始感覚」には個人差があるので、感覚が鈍くて最初は心地よさがわからない方もおられます。なので私たち操体師がお手伝いして患者さまと一緒に身体のバランスを取り戻していきます。

今回は珍しく腰痛を発症し症状が重かったです。
お話しを聞くと、6日前に女子高生気分で調子に乗って踊ったら、腰を痛めてしまったそうです(笑)

ですから、ここではルンルンさん♪と呼ばせていただきます。

ルンルンさん♪とくにしゃがんだ状態から立ち上がる時に強い痛みが腰に走るそうです。

まず初めに、動診をします。
動診とは操体法独特のやり方なのですが、どの動きに痛みや違和感があるかを丁寧に確認していきます。

ベッドに座った状態で膝を片足ずつあげてもらうと、左足の方が重く感じます。
まずは足のバランスの不調和を足首の操法で整えていきます。すると左右のあげやすさが揃いました。

その後はあおむけになり膝を立て、右と左に倒してもらいどちらに倒した時に違和感があるか確かめると、左に倒した時に腰に痛みが走ります。

ルンルンさん♪に尋ねます。
「胸張るように身体後ろに反らしたい気分か、腕内側にねじってへそ見るように丸まりたいかどっちの気分?」

ルンルンさん♪「なんか丸まりたい!」
患者さまの身体の欲求からおこなう操法を選択します。

丸まりたい人には骨盤が後ろに傾く動き(後傾)の操法をおこないます。ですから正座した私の太ももにルンルンさん♪の足を膝を曲げてのせてもらい優しく踏み込んでもらいます。
感覚の鋭いルンルンさん♪自然と骨盤が後傾し、身体がだんだん丸まっていきます。

操法のあと確認すると両膝を左に倒した時の腰の痛みが大分軽減しました。
そしてその後つま先上げとかかと突き出しの操法をおこない、一番つらかったしゃがんだ状態から立ち上がる時の腰の痛みを確認してもらいます。

来た時には痛かった立ち上がる時の動作がなくなり、ルンルン♪さん驚かれています。
改めて身体の持つ治癒力の不思議さに感心されていました。

帰りは安心して「ルンルン♪」と帰っていかれました(笑)



ご質問等がございましたら 無料メール相談 にてご質問を受け付けいたしておりますので、どうぞお気軽にご相談下さい。

↑ページのトップへ

友輝接骨院は、腰痛・肩こり・頭痛・股関節痛・膝痛・しびれ・坐骨神経痛・めまい・自律神経失調症・疲れやすさ・ホルモンバランスの崩れ・骨盤矯正慢性症状専門の整体院です。

お気軽にお電話ください。

コメント


認証コード2314

コメントは管理者の承認後に表示されます。