薬では治せない|健康を取り戻すには、自然法則と調和すること

こんにちは、岐阜市友輝接骨院の伏見です。

風邪をひいたときって市販の風邪薬を飲む人って多いですよね?
それか医者に行って、処方された風邪薬を飲む人もいるかと思います。

しかし、市販の風邪薬も処方された風邪薬にも風邪を治す効果はないってご存知ですか??

風邪薬には、熱を下げたり喉の炎症や咳を一時的に抑える効果はありますが、風邪を治す成分は入っていません。

風邪はおもにウイルスが原因です。だから、いくら症状を抑えても、ウイルスを退治しなければ回復しません。

そしてウイルスを退治できるのは、抗生物質でもなく自身の「免疫力」だけです。

そもそも熱を出したり、鼻水や咳など風邪の諸症状が、身体に備わる「治癒力」そのものです。

私たちの体の反応にはすべて意味があります。

熱を出すことでウイルスを弱らせ、白血球の働きを良くします。咳や鼻水で身体からウイルスや異物を排出します。

だから、風邪薬を使用することによって、治りを妨げてしまう可能性もあります。

風邪の症状は不快なものなので、お薬で抑えたい気持ちもわかります。しかし、その症状そのものが「治癒力」が働いている証拠だと知ると、薬の利用の仕方が変わるかと思います。

西洋医学は主に「対症療法」が主です。対症療法とは、症状を悪とみなしお薬で症状を抑えたり、手術で悪いところを切除します。

操体法では「自然法則と調和」することを大切にします。

身体にはもともと治る力が備わています。だけど、自然法則に反する生き方や生活を続けることで、健康を害していきます。

しかし、「息・食・動・想」の4つ、すなわち

呼吸、食事内容、動き方や姿勢、心の在り方を、自然法則と調和させることで、身体は再び健康を取り戻していきます。それが自然法則です。

一時的にお薬で症状を抑え続けることが、自然の法則に反していれば、身体はやがて破綻し壊れてしまいます。

今は安易な表現、耳当たりのいい言葉が溢れています。

「たったこれだけで!」「バカでもできる!」「ほんの数秒で!」

情報化社会にも拍車がかかり、毎日急かされて生活している感覚があります。そんな背景もあって、じっくり取り組むのではなく、今すぐラクになりたい人が増えています。

しかし、症状の重い人ほど、そんな症状になるまで身体を酷使してきたり、身体の言い分をきいてあげられなかったのも事実です。

今すぐ身体を変えようとしても、私たちの身体は自然の一部です。

一気に変えようとしても、その歪みは身体のどこかにあらわれます。

大切なことは、本質を見抜くことだと思います。
症状を抑えるのではなく、健康を目指すことが本質です。

操体法は、身体の自然の力を活かす整体です。

自然界に生きる人間は自然の一部、だから「自然体」を取り戻すと、健康へと導かれていきます。

私たちの身体は治るように出来ています。
だから安心して健康を取り戻していけばいいと思います。

治りにくい人に共通する言葉をご紹介します。

「でも・・」「なかなか・・」「難しいですね・・」すべて「思考」です。行動する前に思考・イメージで判断してブレーキがかかります。

回復しやすい人の感覚は、

「出来るところからやってみよう」です。軽い感覚が大切です。思考で否定して何もしないのではなく、行動した結果がすべてです。

身体が軽くなるのか?身体がラクになるのか?呼吸がしやすくなるのか?身体がゆるむのか?動きやすくなるのか?エネルギーが満ちるのを感じるのか?心が軽くなるのか?

正解は気持ちや感情、五感やからだの感覚で教えてくれます。

身体は治るように出来ています。
だから、安心して健康を取り戻していきましょうね。

健康を取り戻すには、自然法則と調和すること



コメント


認証コード5011

コメントは管理者の承認後に表示されます。