自分を愛する方法|感情をジャッジしない

画像の説明

こんにちは、岐阜市の整体、友輝接骨院の伏見です。

感情は「情報」です。

自分らしく生きていくために、なくてはならないものです。

だから、感情に良い悪いはありません。

もしあなたが今、怒りに満ちているなら、その怒りを認めてあげてください。

もしあなたが今、不安なら、その不安を認めてあげてください。

もしあなたが、「誰からも好かれている人だよ」と友達に紹介されて、その人にあって、苦手意識を感じたとしたら、その感情を大切にしてその人から離れてください。

「あんな奴死んで欲しい!」という感情を抱いたとしても、そんな自分を責めないでください。

あなたには、そう思う理由があったんです。

感情はエネルギーです。抑えようとしたり、なかったことにしようとしても、そのエネルギーは蓄積されていきます。

いずれ抑えきれなくなったときに、爆発します。

イライラしやすかったり、ちょっとしたことで怒りやすくなっていたり、なぜか何もやる気がしないのなら、自分の感情を大切にしていない可能性があります。

感情は、「気づき」、「認めて」、「寄り添い」、「味わう」ことで、解放されていきます。

(なかなか解放されない激しい負の感情やトラウマはEFT(タッピング療法)をおススメします)
EFT

もし今、怒りに満ちているなら、「あんなこと言われたら腹立つよね、怒るのも無理ないよ・・」と、感情に寄り添い味わってください。

もし今、不安にさいなまれているなら、「そうかそうか不安だよね、不安になるのもムリないよ・・」と、不安な気持ちに寄り添い味わってください。

「我慢しなければならない」「強くなければならない」「弱音を吐いてはいけない」という思考で、自分をいじめないでください。

どんな自分の感情にも、気づき寄り添うことで、自己否定や罪悪感から解放されていきます。

自分をねぎらい愛する感覚が、自然に心と身体になじんでいきます。

もう一人の自分と調和することで、人生が好転していきます。(操体法は、もう一人の自分と調和する効果があります)

自分の気持ちや感情をジャッジせず、寄り添うことが出来るようになると、気持ちや感情を「情報」とすることが出来ます。

感情を貯め続ける前の、ほんのささいな気持ちや感情にも気づけるようになってくるので、適切に自分を守れるようになってきます。

例えば、いつも言い争いになる相手と話している時に、雲行きが怪しくなってきたら、
「争いたくないから、もうやめるね」「仲良くしたいから、お互い冷静になってからまた話そうね」

と言って、自分を守ることが出来ます。

小さな感情に気づき適切な対処をとれるようになると、感情の蓄積がなくなり、イライラや怒りっぽくなったり、何もやる気が出ないといったことが減ってきます。

当院は、健康を取り戻すお手伝いと共に、人生を好転させるお手伝いをしています。あなたはもっと、楽に、健康で、心地よく生きていいんです。



自分軸で生きる


友だち追加すると、ブログ更新の知らせを受け取ることが出来ます。



お電話はこちらから

auto-a2pAkE.png

コメント


認証コード8005

コメントは管理者の承認後に表示されます。