自分の感覚を信じると「本当の自分」で生きられるようになる

自分の感覚を信じると「本当の自分」で生きられるようになる

こんにちは、伏見です。
岐阜市で、心と身体の調和を取り戻す整体と「自分軸」で生きるためのお悩み相談をやっています。

当院の整体は「操体法」といいます。
操体法は他の整体とは一線を画します。では、どこが他の整体と違うのか?

それは、自分の身体の感覚を指標に、バランスを整えていくところです。

身体の心地よい感覚を味わうことで、自然に身体のバランスが調和していきます。

だから施術では、自分の感覚と向かい合っていただきます。

身体の感覚が鋭い人、鈍い人それぞれおられます。より調和のとれた高いバランスで身体が整うのは、やはり身体の感覚が鋭い人です。(鈍い人でも施術者がカバーするので安心してくださいね)

身体の感覚が鈍くなっている人に共通していることがあります。

それは普段から「思考」優先の生き方になっている、ということです。

自分の気持ちや感じ方を基準にして行動するよりも、頭で考えて自身の行動を決めて動いています。

例えば、

「どっちを選んだら損しないだろうか?」という損得勘定で物事を決めたり、

「どうしたらあの人に嫌われないだろうか?」という相手の顔色をうかがう他人軸の生き方をしていたり、

「こんなとき他の人ならどうするんだろうか?」という世間や常識に合わせる行動をとろうとしたり、

「一度やり始めたなら、途中で投げ出さずに最後までやり切るべき」という「べき思考」だったり、

自分の気持ちや欲求よりも、頭で考えて自身のスタンスや行動を選択しています。
それはその人のパターンとなっていて、人生のどの場面においても同じ方法をくり返しています。

すると、自分の本当の気持ちや欲求からどんどんと距離が離れた行動をとり続けることになっていくので、生きるのがシンドクなっていきます。

どんどん自分を感じられなくなっていくのです。

すると、心身は病んでいくし、人生もつらく苦しい人生になっていきます。
当たり前ですよね、「本当の自分」で生きていないのですから。

しかし、そんな人でも、操体法の整体を受けることによって、自分の感覚を信じられるようになっていきます。

身体が感じる心地よさに従うことで、実際に身体がその場で変化しラクになっていきます。自らがその変化を体感し「実感」することで、無意識に自分の感じ方を信じられるようになっていきます。

「今ここ」の自分に気づきやすくなってくるのです。

「今ここ」の自分に気づけるということは、自分の気持ちや感情、五感や身体の感覚に繊細に気づけるということです。

自分を感じる分量が増えていけば、人生は自然と好転しますよね。だって、自分の気持ちに沿う行動をとることが出来るから。

操体法では、気持ちよく動いた後に、脱力した後の心地よさも丁寧に味わってもらいます。

その力の抜けた心地よさやリラックスの安心感は、「自己信頼」の感覚でもあります。

物事が何でもスムーズにいく人は、その力の抜けたリラックス感が人生の土台となっています。

自分や他者を信じられない人は、身体の力を抜くことが出来ません。

体調の悪い人、身体の悪い人がいくら身体だけにアプローチしても、日常の小さな場面で自分の気持ちに沿った行動をとることが出来なければ、心身の不調は根本からは改善していきません。

だけど、「今ここ」の自分を感じることが出来るようになってくると、感覚や感情から、本当の自分に気づけるようになってきます。

普段から、思考ではなく自分の感じ方を基準にした行動をとることが出来るようになってくれば、自然に健康へと導かれていきます。

普段から、自分に焦点が当たっていれば、周りの目や他者を気にする「他人軸」の意識が減少していきます。

自分に焦点を合わせて、自分を感じられると「本当の自分」で生きられるようになってきます。

そのためには自分の感じ方を信じることが大切です。

操体法には、体感で自分を信じる感覚「自己信頼感」を身につける効果があります。

自分の気持ちや感じ方を疑うから生きるのがしんどくなります。
思考で自分の正解を導こうとするから苦しくなります。

自分の感覚を信じると「本当の自分」で生きられるようになります。



自分軸で生きる


友だち追加すると、ブログ更新の知らせを受け取ることが出来ます。



お電話はこちらから

auto-a2pAkE.png

コメント


認証コード7312

コメントは管理者の承認後に表示されます。